ワールドベンチャーズのデメリットやリスクについて考えてみた!

日本に上陸していないワールドベンチャーズのビジネスにリスクやデメリットはないのか?
以前誰かから紹介された事があったり、ネット上でたまたま見つけて前から気になっている方・これから始めてみようかなって思っている人にとって、実際の所どうなの?と気になっている方も多いのではないかと思います。

 

本題のデメリットについての部分ですがワールドベンチャーズをビジネスとして取り組む以上は、最低限のリスクは存在します。

 

なぜわざわざこのようなことをお伝えするかというとビジネスを紹介するからには良いことばかりではなくリスクやデメリットについてもきちんとお伝えする必要があると思っているからです。

 

もし、あなたがリスク・デメリットの無いビジネスの情報をお探しの場合、残念ながらワールドベンチャーズに限らず、ありとあらゆるビジネス自体を始めるべきではないのかもしれません。

 

なぜなら、何か収入を得ようとする場合には必ずリスクやデメリットがあるからです。
もちろんリスクはないに越した事はありません。ですがデメリットがない100%のビジネスはこの世には存在しないという事も頭にいれておいてください。

 

実際にどのようなデメリット・リスクがあるのか?

  • ドリームトリップポイントの有効期限が一年間しかない・・
  • 日本支社がオープンしていないから、日本語に対応していない・・
  • 海外旅行に年に何度も行く暇なんかない・・
  • 日本のツアーが少ない

デメリットをあげだしたらいくらでも出てきますがだいたい皆さんが考えてる一番のリスクって金銭的な事ですよね。

 

ワールドベンチャーズに登録する際に、会員制という事で入会金・月会費が発生します。

こちらの入会金の詳細ページに詳しく記載されているのですが・・・

 

最初にかかる費用・・
入会金520ドル(日本円で55,000円程度)と翌月から120ドル(日本円で13,000円程度)のみ。

これがあなたのリスクです。

 

たとえ失敗したとしても、元の生活に戻るだけです。借金だらけなったり病気になる訳でもありません。また辞めたい時にすぐ退会できますし、違約金なども一切必要ありません。

 

最初に支払う初期費用。これは中身も無くお金を払うわけではありません。
ワールドベンチャーズの旅行・ビジネスを利用する費用が含まれての金額です。
その内容は自分で会社設立・独立する事と比較してみると割高どころか信じられないほど破格の安さです。

だからこそワールドベンチャーズはこれから世界中の人々に受け入れられこれからも益々、市場で大きくなっていく事は間違いないと思います。

 

ちなみにどれぐらいワールドベンチャーズの旅行サービスが安いのか又はビジネスに興味がある方は是非、個別説明会・セミナーなどにご参加ください。
(時間がないという方は、お問い合わせいただけましたら親切丁寧にお電話で対応致します)

この個別説明会をご参加になればわかるハズですが旅行面・ビジネス面においても純粋にこのサービスを利用するだけで十分価値のある内容です。
それだけにワールドベンチャーズで費用がかかることはリスクに違いありませんが、これを本当に危険なデメリットと捉えるかどうか、またそのデメリットを当然のものとして受け入れるかどうかはあなた次第です。

 

実際に起業するのに事務所を構えたり、その他必要なものを調達する莫大な費用に比べるとワールドベンチャーズでビジネスにかかる費用はわずかなものです。

 

得るリターンは大きいにも関わらず、いまの本職と併用して行える、自分の都合で取り組めるにも関わらずです。

これらを総合的に配慮すると本来ワールドベンチャーズにかかる費用はデメリットと呼ぶほどのものではないのかもしれません。

 

しかし、わずかな費用であっても毎月120ドルの費用は発生する以上、リスクだというこには変わりないとも考えられますので、ワールドベンチャーズのビジネスのリスクとしてお伝えさせていただきました。

 

日本法人が設立前という事で本社からのサポートはありませんし、基本的にワールドベンチャーズに関係するサイト利用の際もすべて英語でわかりにくい部分はあるのですが、当ウェブサイトよりご登録頂いたすべての方に、抜群のサポート体制に加えマニュアル等もご用意して精一杯サポートしますのでご心配なされないでください。

 

デメリットのない簡単で稼げる情報ってあるの?

よくある、数ヶ月で誰でも簡単に○○○万円稼ぐ方法!などたくさん見た事ありませんか?
結論から申し上げますと、この世の中楽して儲かる情報なんかどこにも存在しません。

 

簡単だからこそリスクという考え方もあるということは覚えておいた方がいいと思います。

 

お小遣い程度のお小遣いを一時だけ稼ぐという意味なら話しは別ですが・・・
あくまで人生を豊かにできるくらいの経済的自由を手にする場合のことです。

 

簡単で本当に稼げる人はごく一部の人で、それこそもの凄いスキルを持っていたり、マーケティングノウハウに精通した人達です。

 

それだけのモノを持っていれば簡単に稼げるという情報で勝負することも可能かもしれませんが、そうでない場合は・・・

 

結果的に簡単に稼げる情報を必死にやって一体誰が稼げるのか?ということですね。
要するに稼げる可能性の少ないモノに時間と労力をつぎ込むのも私はデメリットと考えています。

 

もしそれだけの時間とパワーがあれば、場合によってはまともなビジネスで
大きな成功を手に入れることだって十分できるわけですから。

 

ビジネスとしてお金を稼いでいく以上は、デメリットを避けること自体がデメリットだと考えています。
普通に考えればお金は使いたくないけど、お金は稼ぎたいって人に誰も富を運んではくれない事を一刻も早く気づく事です