ワールドベンチャーのMLMは、怪しい詐欺なのか?評判や口コミを検証!

ワールドベンチャー(WORLD VENTURES)は、MLM(ネットワークビジネス)というビジネス形態を利用して世界中に拡大しています。

特に日本人は、MLMという名前を聞くだけで怪しい・詐欺などという評判や口コミをネット上でよく見かけますが、ズバリ答えから言いますと怪しくも詐欺でもありません。

なぜなら、このワールドベンチャーを利用している方は、全世界に約800万人ほどいて年間約15000を数えるドリームトリップの旅行を家族や友人と楽しみ、さらにビジネスとして取り組んでいる方も数多くいます。

もし、ワールドベンチャーの良い口コミや評判が全くのデタラメだったとしたら世界最大規模の詐欺事件です。また、海外ではごく自然に親しまれているMLM(マルチレベルマーケティング)というビジネス形態も日本ではネズミ講と批判され、ねじ曲がった解釈をされる方が悪い評判を流しているのも事実です。

しかし、もし本当にネズミ講なら犯罪として処罰されますし、そんなものを大々的にインターネット上で拡散することになんの意味があるのでしょうか?

良くない評判や口コミの発端はどこからやってくる?

では、なぜワールドベンチャーの批判的な口コミ(評判)や詐欺などといった情報が出回るのか?これには心理学的な観点から3つの理由があります。

1.その情報を提供している本人がネットワークビジネスを以前やったことがあり、上手くいかなかった自分を肯定化するために行っている。いわゆるドリームキラー(夢を壊す人)です。自分ができなかったことを他人に成功して欲しくないといった心理状態で批判的な情報を流します。

2.批判的な情報を提供しているサイトの文面を最後まで辿って行くと必ずと言っていいほど違うネットワークビジネスに誘導するような仕掛けになっています。

これは、人間の心理状態に不安を与え、もっと簡単に成功できますよ!といった安心感を増幅させて取り込もうとする手法ではたから見ると更に怪しい印象を与えます。

3.最後はあなた自身が探している情報だということです。チャレンジしなくてよい理由。失敗したくないからやらなくてもよい理由。上手くいかない理由。これらを見つけることによって自分を正当化させたいといった心理状態のとき否定的なものを探すといった行動をします。

ちょっとネガティブですが、これを知らないとチャンスをドブに捨てるのと一緒ですからね。

ネットワークビジネス(MLM)で大成功を収めた方の名言

ちなみに、ワールドベンチャーズに限らずネットワークビジネスで大成功を収めた方の名言ですが、「ネットワークビジネスで成功した人からMLMの悪い評判や怪しいという事を聞いたことがない。」と聞きました。

確かにワールドベンチャーを含め日本人にとって、MLMはネガティブなイメージや口コミ(評判)が先行しているタイプの業種ですが、アメリカや日本の大学ではマーケティングや組織論の研究テーマとして取り組んでいる機関も少なくありません。

まず、マーケティングとしては多大な広告費をかけて購買を促す大企業は年間数百億をかけてCMを流します。

中でも、広告費の費用対効果で一番安いのがプロ野球チームを獲得することだそうです。年俸10億円を稼ぐ選手がいたとしても球団を持ったほうが効果があります。それは、シーズン中もオフも絶えずTVや新聞で話題になり自社名を宣伝してもらえるからです。

このように大企業は常に露出度を高め自社をアピールするために広告宣伝に莫大な資金を投入しています。

しかし、ワールドベンチャーや他のネットワークビジネス(MLM)は口コミマーケティングです。莫大な広告宣伝費を使う代わりにそれを報酬として還元することができるのです。だからこそ年収1億、、3億といった成功者が生まれるのです。

しかし、その反面、一番おもしろくないのは電通や博報堂などのCMや広告を作る会社やテレビ局です。彼らにとってMLM(ネットワークビジネス)は一銭の得にもならない存在なのです。そんな構図も考慮してか、最近ではAウェイやMプルーンなどもCMを活用してイメージアップを図るMLM企業も出てきたことは確かです。

つぎに組織論的な観点でネットワークビジネスを研究している理由は、どのようにしたら健全で理想的な組織をつくれるかという点です。

このMLM(ネットワークビジネス)は、あなたが頑張った分だけ報酬は正当に支払われます。そして、成功すればみんながあなたを賞賛します。

でも、頑張ったけど結果が思うように出なかったとき、あなたを批判する人はこのビジネスの仲間には居ません。ノルマがないからといって何もしなくても文句を言う人もいません。

むしろ、あなたが望むのなら、あなたに寄り添い応援までしてくれます。なぜならこのビジネスは自分が紹介した人の中から成功者が出ない限り自分のタイトルも上がらない仕組みになっているからです。

一般の会社でこのような組織を構築しようとしても非現実的です。もし皆さんのまわりにビジネスは勝ち負けだとか人生は勝ち負けだと豪語する人がいたとしたらできるだけ近寄らないほうが得策です。

なぜなら、その人はあなたを負かして自分が勝つと宣言しているようなものですからね。

結論としてワールドベンチャーは詐欺ではないし、悪い評判や口コミはあてにならないということをわかっていただけたでしょうか?人生を振り返ったときに、いまの自分が置かれている状況に満足している人は過去のどんなつらい経験も必要なことだったと解釈します。しかし、いまの現状に満足できない人は過去の経験を最悪だったと解釈します。

ですから、このワールドベンチャーというビジネスが最高なのか詐欺なのかはあなた自身がどう意味付けし良い結果を残すことが大切だということです。